戌井 純

戌井 純

キリングバイツ(漫画)の作品登場人物。読みは「いぬい ぴゅあ」。

登場作品
キリングバイツ(漫画)
正式名称
戌井 純
ふりがな
いぬい ぴゅあ
関連商品
Amazon 楽天

概要

第2部より登場。15歳のショートカットの女の子。性格は単純でやや天然ボケ。1歳にして両親に捨てられ、児童養護施設で育つ。天涯孤独で内気な性格ゆえ他人となじまず、施設で飼われていたビーグル犬「ヌヌーピ」とだけ会話をして生きていた。5歳の時に事故で瀕死となるが、祠堂零一によって、当時非合法だった獣化手術を受け、一命を取り留める。

獣人となった後、獣闘士の王者となるため、獣化特区へとやって来た。獣人としての呼び名は「媚戌(ビーグル)」。見た目は可愛く、とても強そうには見えないが、ビーグル犬は本来は狩猟犬であるため、豊富な体力と貪欲な捕食性を持つ。

登場作品

キリングバイツ

現代日本を舞台に、獣と化して特異な能力を持つ存在「獣人」が闘う競技「牙闘(キリングバイツ)」を描くアクション漫画。獣人たちの能力の基となる動物の生態に関して、詳しい解説が作中に挿入される。「月刊ヒーロ... 関連ページ:キリングバイツ

SHARE
EC
Amazon
logo