成島 采女正

成島 采女正

(漫画)の登場人物。読みは「なるしまうねめ のしょう」。別称、采女。

登場作品
(漫画)
正式名称
成島 采女正
ふりがな
なるしまうねめ のしょう
別称
采女
関連商品
Amazon 楽天

概要

美濃加納藩、永井家家臣、江戸留守居役。四辻篠夫の母の嫁ぎ先の連れ子で嫡男。幼少時から四辻篠夫の行動を畏れていた。由良の方によって母が追い出された恨みから、素直に四辻篠夫を愛しいと思えない。主君を幕府の要職に就けるため、上役への賄賂を欠かさず、たつみ屋を使い四辻篠夫の美貌を利用する。

関連人物・キャラクター

たつみ屋

廻船問屋たつみ屋主人。元四辻家に仕えていた下級侍。四辻篠夫の生母由良を慕い成島家に出入り。母がるいの乳母をしていた縁で、幕府の重鎮に顔が利く土方家にも出入りし、永井家の殿の出世の片棒を担ぐため四辻篠夫... 関連ページ:たつみ屋

四辻篠夫

『鵺』の主人公の1人。伊勢久居藩の芳賀家の末息子。その美貌のせいで刃傷沙汰を起こし、切腹させられるところを逃れ生まれ故郷の江戸へとやってきた。元旗本の神保主理之介と出会い、美人局稼業に手を染める。実は... 関連ページ:四辻篠夫

登場作品

伊勢久居藩の芳賀家の末息子で美貌の若侍篠夫(四辻篠夫)]は、刃傷沙汰を起こし切腹させられるところを腰元の可那枝に救われ、駆け落ち同然に国を後にし、生母の記憶を頼りにやって来た花のお江戸で、元旗本の浪人... 関連ページ:

SHARE
EC
Amazon
logo