成海 理沙子

成海 理沙子

Piece(漫画)の登場人物。読みは「なるみ りさこ」。成海 皓とは親族関係にある。

登場作品
Piece(漫画)
正式名称
成海 理沙子
ふりがな
なるみ りさこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

晧と比呂の母親。心療内科の医師をしており、結婚せず、遺伝子の優秀な男性との間に2人の子供をもうける。自分の子供にも愛情がわかず、2人とも自分の研究材料として観察をしてきた。自分自身も裕福な家庭生まれ、ゆがんだ性格と周りに言われながら育ってきた過去がある。家政婦の七尾水帆の母親も、彼女の患者であった。

関連人物・キャラクター

七尾

成海晧の家政婦。母親の指示書通りに晧を育てるも、疑問を持ち、内緒で兄の比呂に会わせたりもしていた。成海家の母親とは診療内科の受診で出会い、ひとり娘が家出し、うつになっていたところを彼女の言葉で救われた... 関連ページ:七尾

成海 皓

水帆の同級生。高校時代はわざと赤点ばかりを取っていて、1浪して大学に入学した。高校の時ははるかに話しかけていた数少ない人物。人によって良くも悪くも評価が分かれ、本心がわかにくい人物。誰とも距離近く接し... 関連ページ:成海 皓

登場作品

Piece

女子大生須賀水帆は、自分がどう考えているかより、行動がもたらす損得で動いてしまう女子大生。自身が冷たい人間だという自覚はあるが、元クラスメイトの死から変化の兆しを得ることになる。第58回小学館漫画賞少... 関連ページ:Piece

SHARE
EC
Amazon
logo