成田 泰季

のぼうの城(漫画)の登場人物。読みは「なりた やすすえ」。成田長親、成田氏長とは親族関係にある。

  • 成田 泰季
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
のぼうの城(漫画)
正式名称
成田 泰季
ふりがな
なりた やすすえ

総合スレッド

成田 泰季(のぼうの城)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

成田長親の父親であり、忍城・城主・成田氏長の伯父。 成田氏長が小田原城に入場した際は、城代を務めた。老年ながら血気盛んな武辺者であり、豊臣軍との徹底抗戦を主張。しかし、その後すぐに病に伏せてしまい開戦を待たずして死亡してしまう。

登場人物・キャラクター

忍城・城主、成田氏長の従兄弟。聡明さに欠け、武器も使えず馬にも乗れない程不器用であり、農民達にさえでくのぼう、略してのぼうと呼ばれている。しかしながら、誰にでも分け隔てなく接し、畑仕事を手伝おうとする...
北条家傘下の、忍城の城主。成田長親の従兄弟で、甲斐姫は娘。先見の明があり、北条家の敗北を予期して家を残すためにいち早く豊臣秀吉に誼を通じた。

関連キーワード

成田氏長が城主を務める、関東地方・武州に位置する城。湖の中に有り、浮き城とも呼ばれることがある。

登場作品

天正一八年某日、織田信長の天下統一事業を引き継いだ豊臣秀吉は、最後の抵抗勢力北条氏を下すため小田原討伐を発令。秀吉は側近の石田三成にも武功を挙げさせようとし、合力を合わせ二万もの兵を彼に授けて館林城、...