我王

我王

火の鳥 鳳凰編(漫画)の登場人物。読みは「がおう」。

登場作品
火の鳥 鳳凰編(漫画)
正式名称
我王
ふりがな
がおう
関連商品
Amazon 楽天

概要

赤ん坊の時に、父親と一緒に崖から落ち、片目と片腕を失う。母親はショックで気がふれてしまう。唐(から)の国の二匹の鬼、仁王、我王のうち醜い方の名前をつけられる。都を騒がす大盗賊となった我王は、鼻が腫れる奇病を患い、それを妻、速魚のしわざだと思い込み速魚を殺してしまう。

だが、そのときになって、それがかつて自分が助けたテントウムシの化身であったことを知り、激しい喪失感から虚脱状態となり役人の手に落ちるが、処刑寸前に良弁僧正に救われ、ともに旅をすることになり、やがて、仏師としての才能が花開いていく。

関連人物・キャラクター

茜丸

彫刻師。我王に右腕を切られて利き腕の自由を奪われる。橘諸兄に鳳凰を彫れと強要され、その姿を見ようと西国を訪ね歩くがかなわず、偶然出合ったブチという娘をモデルに観音像を彫る。橘諸兄の政敵、吉備真備のもとで鳳凰の像を完成させ、やがて、東大寺大仏殿の設計とプロデュースまで任されることになる。

登場作品

火の鳥 鳳凰編

盗みと人殺しを重ねた末に、高僧良弁僧正に拾われ、この世界に対する怒りを武器に彫刻師としての才能を開花させる我王。権力者の後ろ盾をたよりに大きな仕事に夢を見いだす茜丸。因縁で結ばれた二人は、東大寺大仏殿... 関連ページ:火の鳥 鳳凰編

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
場所
その他キーワード
logo