戸愚呂弟

戸愚呂弟

幽☆遊☆白書(漫画)の登場人物。読みは「とぐろおとうと」。戸愚呂兄とは親族関係にある。

登場作品
幽☆遊☆白書(漫画)
正式名称
戸愚呂弟
ふりがな
とぐろおとうと
関連商品
Amazon 楽天

概要

戸愚呂兄の弟。自分の力不足から妖怪に弟子を殺されてしまった過去を持ち、強さを求めるあまりに人間から妖怪に転生している。これをきっかけに幻海とは袂を分かった。筋肉量を調節する能力を持っており、80%の力でも溢れ出る妖気で下級妖怪を掻き消すほどの力を持つ。100%に達した際にはより妖怪に近い姿になり、指で弾いた空気ですら、指弾という武器となる。

暗黒武術会には戸愚呂チームの副将として参加、また浦飯幽助達を人間のゲストとして招待した。

関連人物・キャラクター

戸愚呂兄

戸愚呂弟の兄。残酷、かつ卑劣極まりない性格。全身を自在に変形させる元人間の妖怪であり、戸愚呂弟の武器となることもある。暗黒武術会の際に死亡したと思われていたが、仙水忍に拾われ、美食家(グルメ)巻原定男の肉体を乗っ取って復活した。

登場作品

幽☆遊☆白書

不慮の事故から死んでしまった不良少年浦飯幽助が、試練を乗り越えて甦り、悪事を働く妖怪を倒す霊界探偵として仲間たちと活躍する様を描く能力バトル漫画。冨樫義博の代表作。第39回小学館漫画賞受賞作。 関連ページ:幽☆遊☆白書

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
浦飯 幽助
桑原 和真
蔵馬
飛影
仙水 忍
logo