手塚 治虫

手塚 治虫

劇画漂流(漫画)の登場人物。読みは「てづか おさむ」。

登場作品
劇画漂流(漫画)
正式名称
手塚 治虫
ふりがな
てづか おさむ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ヒロシの投稿していた四コマ漫画が話題になって、毎日小学生新聞が取材に訪れ、企画した座談会の特別ゲストが手塚治虫だった。その後ヒロシ手塚治虫に呼ばれ、宝塚の手塚治虫の家を訪問する。そこで四コマより、これからは長編の時代として長編漫画を描くようにすすめられる。

実在の漫画家、手塚治虫がモデル。

登場作品

劇画漂流

1945年、終戦を向かえた大阪で、勝見ヒロシは兄勝見興昌と共に漫画家への道を歩みだす。しかしヒロシの飛びこんだ貸本漫画の世界は、ユーモアや躍動感が売りの子供向け漫画とは一線を画していた。児童漫画とは違... 関連ページ:劇画漂流

SHARE
EC
Amazon
logo