手塚 良仙

手塚 良仙

陽だまりの樹(漫画)の登場人物。読みは「てづか りょうせん」。

登場作品
陽だまりの樹(漫画)
正式名称
手塚 良仙
ふりがな
てづか りょうせん
関連商品
Amazon 楽天

概要

常州府中藩の藩医で三百坂の蘭方医。手塚良庵の父。江戸に種痘所を設けるために伊藤玄朴、太田東海らと活動するが、考証学派の漢方医たちに妨害される。その後、幕府より設立の許可が下り、「お玉が池種痘所」が作られ、のちの東京大学医学部となる。手塚治虫の高祖父であり、実在の人物、手塚光照がモデル。

登場作品

陽だまりの樹

禄高15俵2人扶持の下級武士である伊武谷万二郞は、一徹にして直情なる性質を父から受け継ぎ、その性格から騒動が絶えなかったが、安政の大地震で群衆を安全な場所へ導いた統率力が老中の目にとまり、通商使節タウ... 関連ページ:陽だまりの樹

SHARE
EC
Amazon
logo