手塚 藪虫

手塚 藪虫

地球の悪魔(地球1954)(漫画)の登場人物。読みは「てづか やぶむし」。

登場作品
地球の悪魔(地球1954)(漫画)
正式名称
手塚 藪虫
ふりがな
てづか やぶむし
関連商品
Amazon 楽天

概要

十三里村の医師。トラックにはねられた村一番の孝行息子、謙吉の治療に向かうが、爆走するトラックの列に行く手を阻まれて、手遅れとなる。十三里村地下都市を建設しようとした高野博士が仮面の怪人デモノバースとなったことについて、脳腫瘍による二重人格と推測する。

関連人物・キャラクター

高野

工学博士。十三里村に原爆戦を人類が生き延びるための地下都市を建設する。酒におぼれた生活を妹にたしなめられている。自分でも気がつかぬまま、破壊兵器を地下都市に設置する。仮面をかぶった怪人デモノバースとし... 関連ページ:高野

関連キーワード

地下都市

工学博士高野が人生をかけて十三里村の地下に建設を進める。原爆戦にそなえて、人々が地下で生きられるように設計され、山や野を模したパノラマや電気仕掛けの鳥や蝶、日光浴のための施設、さらには美術、芸術品を保... 関連ページ:地下都市

登場作品

地球の悪魔(地球1954)

静かな田舎の村、十三里村は、その地下に建設されている地下都市によって平和な暮らしを壊されようとしていた。建設に反対する村人たちは、地下都市の秘密を探ろうとする2重スパイに煽動され、暴徒となって地下都市... 関連ページ:地球の悪魔(地球1954)

SHARE
EC
Amazon
logo