手塚

アリと巨人(漫画)の登場人物。読みは「てづか」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アリと巨人(漫画)
正式名称
手塚
ふりがな
てづか

総合スレッド

手塚(アリと巨人)の総合スレッド
2016.10.19 13:57

概要

東京の郊外にバンガローを所有し、近くの景勝地「もどりが淵」付近で蝶の採集をしている昆虫マニア。現場に訪れたマサやん桂はるみの2人に蝶の生態について解説する。実は浅沼書記長事件の実行犯解明の鍵を握る人物。作者である手塚治虫自身がモデルとなっている。

登場作品

終戦直後、静岡のある地方都市。小高い丘に立つ巨大なクスノキの根本で、固い友情で結ばれた戦災孤児のマサやんとムギやんは、お互いの将来を語り合う。やがてマサやんは占領下の東京に出て新聞記者となるが、故郷に...