折口 柊二

折口 柊二

花もて語れ(漫画)の登場人物。読みは「おりぐち しゅうじ」。別称、折口。

登場作品
花もて語れ(漫画)
正式名称
折口 柊二
ふりがな
おりぐち しゅうじ
別称
折口
関連商品
Amazon 楽天

概要

髪がはねた男性。かつて教育実習生だった時に小学1年生のハナ(佐倉ハナ)と出会い、彼女に初めて朗読の手ほどきをした。ただし教育実習のカリキュラムはサボってしまう。藤色きなりの兄の友人で、彼女の父藤色智彦に朗読の手ほどきを受けていた。その後、小説家と朗読家を目指そうとしていたが、小説家一本に絞った末に挫折。

ラジオの制作会社に入り、ディレクターとなる。藤色きなりの推薦で朗読の日の演出家をつとめたことをきっかけで再び朗読の世界に戻り、自ら数々の朗読会のプロデュースをしている。藤色朗読教室主催の「朗読の夕べ」に出演したハナと再会するが連絡先も交わさずに別れ、共に出演した彼女の親友・佐左木満里子を抜擢して指導する。

登場作品

花もて語れ

ハナ(佐倉ハナ)は雲を見ながら空想するのが好きな少女。両親を亡くして、地方に住む伯母の佐倉遥に引き取られたが、引っ込み思案で口下手な上に方言の壁のせいで、まともに話すことができない。そんななか、テント... 関連ページ:花もて語れ

SHARE
EC
Amazon
logo