択捉経済特区

イノセンス(アニメ映画)に登場する地域。読みは「えとろふけいざいとっく」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
イノセンス(アニメ映画)
正式名称
択捉経済特区
ふりがな
えとろふけいざいとっく

総合スレッド

択捉経済特区(イノセンス)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

日本の北部、北海道東部沖にある択捉島にある、極東最大の情報集約型経済特区。ガイノイドメーカーのロクス・ソルス社の本拠地がある。主権の曖昧さに漬け込んだ多くの犯罪組織も入り込んでおり、日本を始めとする各国の警察組織も捜査困難な犯罪都市でもある。

登場作品

実用化された様々なロボットが社会に定着し、多くの人間が機械化、電脳化されている2032年の日本。女性型アンドロイドであるガイノイドが暴走し、人間を殺す事件が連続して発生した。日本政府の治安機関公安9課...