押切 トオル

押切 トオル

押切異談・壁(漫画)の主人公。読みは「おしきり とおる」。別称、トオル。

登場作品
押切異談・壁(漫画)
正式名称
押切 トオル
ふりがな
おしきり とおる
別称
トオル
別称
トオルちゃん
関連商品
Amazon 楽天

概要

『押切異談・壁』の主人公である高校生男子。曽祖父はオランダ人。両親が仕事で海外に行き、日本に残って洋風の屋敷に1人で住んでいる。屋敷の壁の中を虫が這いずり回るような音が聞こえるが、幻聴だと思い込む。そんな時、地震で廊下の壁が崩れ、中から化石のような死体が現れた。押切は死体の謎を明らかにするため、屋敷の古い記録を捜して調べ始める。

登場作品

押切異談・壁

押切トオルの両親は海外に仕事で出かけ、高校生の押切は広い洋風の屋敷に1人で生活している。壁の中を虫が這いずるような音が聞こえ、押切は幻聴だと思って従兄の隆幸に相談に行った。相談の最中、大きい地震が起き... 関連ページ:押切異談・壁

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
隆幸
押切 結華
押切トオルの父
logo