押小路 龍

押小路 龍

龍-RON-(漫画)の主人公。読みは「おしこうじ りゅう」。別称、李 龍。

登場作品
龍-RON-(漫画)
正式名称
押小路 龍
ふりがな
おしこうじ りゅう
別称
李 龍
関連商品
Amazon 楽天

概要

京都の財閥・押小路家の嫡男として生まれたが、跡取りとなることを拒否し、日本有数の武道家育成機関・武道専門学校で剣道に励む。しかし、在学中に押小路家の女中田鶴ていと恋仲となり、結婚を機に退学。父が暴漢に襲われ自身の出生の秘密を知るが、暗躍する組織により、父の殺害容疑をかけられてしまい、中国へと逃亡。

記憶を失い、李龍と名乗る。記憶をなくして以降、数々の場面で命の危機に遭うが、それらを持ち前の身体能力の高さと明晰な頭脳、カリスマ性で乗り越え、強く逞しく生きていく。母親の高瀬紅子(本名趙紅華)は、紫禁城の後宮護衛隊の一族。朱鳳花は双子の兄弟。

関連人物・キャラクター

田鶴 てい

『龍-RON-』に登場する人物。押小路家の女中だったときに龍と惹かれ合い、紆余曲折の後に結婚。映画の撮影所でまかないの仕事をしていた際に女優としての才能を見出され銀幕デビュー、人気女優となる。天才俳優... 関連ページ:田鶴 てい

登場作品

龍-RON-

1928年、京都の財閥の御曹司として生まれた主人公・押小路龍は、数奇な運命に翻弄されながらも、それに負けることなく信念を貫き、彼を影で支える妻・ていとともに逞しく生きていく。昭和初期から太平洋戦争終結... 関連ページ:龍-RON-

SHARE
EC
Amazon
logo