押水 菜子

花咲くいろは(漫画)の登場人物。読みは「おしみず なこ」。別称、なこち。

  • 押水 菜子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
花咲くいろは(漫画)
正式名称
押水 菜子
ふりがな
おしみず なこ
別称
なこち

総合スレッド

押水 菜子(花咲くいろは)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

金沢の湯乃鷺温泉にある、老舗旅館喜翆荘の仲居。ショートヘアの巨乳の娘で16歳。松前緒花の教育係であり、親友。いつもおどおどしていて、自分の気持ちがはっきりいえない、おとなしい少女。元気でものおじしない緒花に対して、憧れのようなものがあり、自分も彼女のように変わりたいと考えている。

そして、旅館に泊まっていた作家の次郎丸太郎が崖から落ちたとき、自ら崖から海へ飛び込み、彼を救出している。両親と、幼い弟と妹が3人いて、計6人暮らし。同じ旅館で働く同年代の板前見習いの鶴来民子(つるぎみんこ)とは仲が良く、「みんち」と呼んでいる。また、緒花からは「なこち」と呼ばれている。

登場人物・キャラクター

金沢の湯乃鷺温泉にある、老舗旅館喜翆荘の仲居見習い。左右の髪に花形の髪飾りをつけた少女。もともとは東京育ちの女子高生。16歳。ポジティブなものの考え方を持ち、落ち込んでいてもすぐに立ち直る明るい少女。...

関連キーワード

金沢の湯乃鷺温泉にある老舗旅館。露天風呂とプールがある。年代物で高級そうな調度品で館内が彩られた、木造建築の旅館。女将は四十万スイ(しじますい)。若旦那は四十万縁(しじまえにし)。板長は蓮二。板前は宮...

登場作品

金沢の湯乃鷺温泉にある、老舗旅館の喜翆荘。その女将四十万スイ(しじますい)の孫で、東京育ちの松前緒花は、母親の夜逃げがきっかけで、喜翆荘にやってきた。初めて出会う祖母だったが、スイの態度は冷たく、ここ...