拓人の母

絶愛-1989-(漫画)の登場人物。読みは「たくとのはは」。拓人とは親族関係にある。

  • 拓人の母
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
絶愛-1989-(漫画)
正式名称
拓人の母
ふりがな
たくとのはは

総合スレッド

拓人の母(絶愛-1989-)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

泉拓人の実母。サッカーの名選手だった拓人の父と恋に落ち、周囲の反対を押し切って駆け落ちした後拓人を産んだ。激しい愛情から、拓人の目の前で夫を殺害してしまう。その時止めに入った拓人も腰を刺され重傷を負った。死んだ事になっていたが、12年後突如拓人の前に現れる。傷つけてしまった拓人に謝罪し、母親としての言葉を伝えたあと、ビルから飛び降り自殺した。

登場人物・キャラクター

主人公南條晃司が禁断の恋をする相手。5歳の頃、母親が父親を刺し殺す現場に居合わせ、止めようとした時に左腰を刺されてしまう。妹と弟と一緒に孤児院で育ち、世間の冷たい目から妹弟を必死で守ってきた。サッカー...

登場作品

暴走族出身の人気ボーカリスト南條晃司は、いつもポーカーフェイスで何に対しても無感動。そんな彼を唯一魅了し続けるのは、6年前に見かけた少女の眼差しだった。灼熱の太陽の下、ギラギラした瞳でボールを蹴る少女...