捨丸

花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)の登場人物。

  • 捨丸
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)
正式名称
捨丸

総合スレッド

捨丸(花の慶次 ―雲のかなたに―)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

前田慶次を主と仰ぐ忍。小柄な身体を活かした機敏な動きで敵を翻弄し、小太刀を使って鋭い斬撃を繰り出す。また、手製の炸裂弾や目眩ましのための煙幕なども使用する。元々は加賀の前田家に仕える忍で、慶次の愛馬・松風に弟を殺されているが、自分の主である四井主馬をものともしない慶次松風に惚れ込み、配下にしてくれるよう願い出た。

その際に信頼を得るため、慶次を追っていた仲間の忍7人を殺害している。四井主馬から奴隷のような扱いを受けていたため、権力を傘にして弱者を虐げる者を嫌い、自分を人間として扱ってくれる慶次の振る舞いに感激を覚えた。誤魔化そうとすると離れ目になるという癖があるため、嘘がつけない。

弟の仇である慶次を殺すことが夢であると悪びれずに語るが、最後まで慶次に付き従った。

登場人物・キャラクター

『花の慶次 ―雲のかなたに―』に登場する動物。前田慶次の愛馬。上州の谷地に生息しており、全身傷だらけで気性が荒く、誰も捕まえることができなかったので、殺害が計画される。これを聞いた慶次がもったいないと...
日本の戦国時代の武将・前田慶次郎をモデルとしている。加賀の大名、前田利家の甥で、身の丈六尺五寸(197cm)を超える大柄の武士。義に厚く、器の大きい自由気ままな風流人として生きる傾奇者にして、無類の戦...

登場作品

時は戦国時代末期、加賀前田家の武将・前田慶次は、お家の鼻つまみ者として、当主の前田利家に疎まれながらも、稀代の傾奇者として好き勝手に、そして雅に振る舞い、人々の信任を得ていた。もはやその大器に加賀は狭...