捨八

捨八

狂人関係(漫画)の主人公。読みは「すてはち」。

登場作品
狂人関係(漫画)
正式名称
捨八
ふりがな
すてはち
関連商品
Amazon 楽天

概要

浮世絵師の青年。坊主頭でいつも派手な着物を着ている。葛飾北斎の弟子。北斎を慕い、よく酒や世間話の相手をしに行き、下ネタで盛り上がっている。枕絵ならば捨八が当代一の腕だと噂されるほどの実力はあるが、生活はあまり安定していない。贅沢品を好む傾向のあるお七と暮らし始めて以降は、さらに貧窮の度が増し、扇絵などの雑仕事で稼ぎを得るようになったため、絵が荒れてしまう。

関連人物・キャラクター

葛飾北斎

「富嶽三十六景」などの作品で高名な浮世絵師の老人。妻お琴はすでに亡く、出戻りの三女お栄と長屋で二人暮らしをしている。大名や有名な役者から絵の依頼が来ても、気に入らなければ描かなかったり、幾度も引越しを... 関連ページ:葛飾北斎

登場作品

狂人関係

江戸時代後期、浮世絵師・葛飾北斎の弟子捨八は、枕絵で多少名を上げているものの、安定収入を得るほどではなく、扇絵などを描いて糊口をしのぐ生活をしていた。そんな彼を慕う北斎の娘お栄や、八百屋お七といった女... 関連ページ:狂人関係

SHARE
EC
Amazon
logo