捨吉

湯けむりスナイパー(漫画)の登場人物。読みは「すてきち」。別称、番頭さん。

  • 捨吉
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
湯けむりスナイパー(漫画)
正式名称
捨吉
ふりがな
すてきち
別称
番頭さん

総合スレッド

捨吉(湯けむりスナイパー)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

椿屋の番頭である65歳の男性。30代までは地方都市で兄とチンピラをやっていたが、その後足を洗って現在に至っている。源さんの過去を気にしており詮索したがるが、寝タバコで危うく火事になりかけたところを源さんに救ってもらったことなどもあって信頼は厚い。採用面接時に、「リストラされたサラリーマン」という源さんの履歴書をウソの経歴と見破るなど、長年の経験から人は見る目はなかなかに優れている。

冬になると、阪神タイガースが勝った試合だけを収めたビデオを買って見ているほどの熱狂的阪神ファン。

関連キーワード

秘境の温泉であるみちのく温泉街の、大正時代に開業した老舗旅館で、源さん、捨吉、由美らが働き、冴子が女将を務めている。露天風呂と、冬はかまくらが名物。冴子の祖父が金鉱を掘り当てて得た財産で建設した、贅を...
山間にある温泉街で、椿屋はこの街に存在している。東北地方の秘境にあり、室町時代に永徳法師が温泉を掘り当てたことに由来する。リューマチ、痔、美肌、疲労回復などに効く泉質は、江戸時代には全国の大名に知られ...

登場作品

東北の秘境・みちのく温泉街の旅館・椿屋の新人中年従業員である源さんは、実は元殺し屋であり、引退して人生をやり直すためにこの地で働きはじめた男だった。女将の冴子や番頭の捨吉といった椿屋の関係者や、松三や...