捨吉

忍者武芸帳 影丸伝(漫画)の登場人物。読みは「すてきち」。別称、しびれ。

  • 捨吉
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
忍者武芸帳 影丸伝(漫画)
正式名称
捨吉
ふりがな
すてきち
別称
しびれ

総合スレッド

捨吉(忍者武芸帳 影丸伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

影一族の一人。本名は捨吉。幼いころ父親が盗みを働いたために家族が村人に殺され、一人生き残ったところを炭焼きの伝造に化けた影丸に救われて育てられた。危険を感じると体から電気を発する特異体質によって敵を感電死させることができ、これはデンキウナギのような器官を体内に持つためと説明されている。

関連キーワード

『忍者武芸帳 影丸伝』の組織。影丸が組織した精鋭忍者集団。7人のうち3人しか血縁者はいないが、影丸を通して全員が家族のような絆で結ばれている。三つ子の三つ以外は水中で活動できる岩魚、体から電気を発する...

登場作品

群雄割拠する戦国時代末期、親の仇坂上主膳を追う結城重太郎は謎の忍者影丸と出会う。虐げられる者のために戦う影丸と影一族は織田信長の天下統一の野望に抗って活躍し、坂上主膳が明智光秀の影武者になったことから...