掃海

平原太平記(漫画)の登場人物。読みは「そうかい」。

  • 掃海
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
平原太平記(漫画)
正式名称
掃海
ふりがな
そうかい

総合スレッド

掃海(平原太平記)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

足伏の寺の住職。須田紋左足伏が原開発の理解者。養蚕の蚕を食べてしまうとして嫌がられるツバメを寺に引き取って飼う。害虫である野蚕(のこ)が増えて桑畑が危機に陥った際に寺のツバメたちが野蚕を食べて桑畑が救われる。足伏の町を襲った大雨で命を落とした。

登場人物・キャラクター

周りが反対するなか、荒れ地であった足伏が原の開発を訴え、ただ一人で開発を命ぜられる。不屈の意志で、妨害や天災にもまけず、開発を進める。

関連キーワード

足伏の町(あぶせのまち)に広がる原野。十里四方荒れ放題に荒れ果て、狐狸が住み、追いはぎの巣となっている。

登場作品

安政3年、たった一人で荒地の足伏が原の開発を任された須田紋左は、庄屋たちの協力を得て、妹のつぼみや家来のペク内とともに開発に着手するが、荒地を根城とする追い剥ぎたちの味方をする黒主屋の妨害に会う。その...