支葵

支葵

精霊使い(漫画)の登場人物。読みは「しき」。秋桜久とは親族関係にある。

登場作品
精霊使い(漫画)
正式名称
支葵
ふりがな
しき
関連商品
Amazon 楽天

概要

水の精霊使い。娘の秋桜久が、鞘継の巨大な榾芯に身体を囚われている。その榾芯から無事に取り出すことができるのが鞘継しかいないため、鞘継の命令に従って行動している。そのため自分の妻の弟である瑣衣のことも殺そうとする。

関連人物・キャラクター

秋桜久

支葵の娘であり、ディーバ。母は火の精霊使い瑣衣の姉である瑣姫。鞘継の巨大な榾芯に身体を囚われて自由を奪われている。 関連ページ:秋桜久

登場作品

精霊使い

精霊たちの理想郷を建設するために精霊使いは火が属、地が属、水が属、風が属の4大属性に分かれ、幾度となく精剣戦争を行った。大好きな麻美に好きだと告白した覚羅だが、そこに現れた支葵にディーバの素質を見出さ... 関連ページ:精霊使い

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
覚羅
露羽
鯉邑
麻美
瑣衣
千燁
秋桜久
比冴
鞘継
その他キーワード
精霊使い
榾芯
logo