文太

たいようのマキバオー(漫画)の主人公。読みは「ぶんた」。別称、ヒノデマキバオー。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
たいようのマキバオー(漫画)
正式名称
文太
ふりがな
ぶんた
別称
ヒノデマキバオー

総合スレッド

文太(たいようのマキバオー)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

概要

ミドリマキバオーの血を引く競走馬で、ミドリマキバオー同様に競走馬としては極端に小さな体躯。中央競馬(JRA)デビューを目指していたが叶わず、高知の福留厩舎に転厩した。同じくJRAの競馬学校を落ちたハヤト(福留隼人)を騎手に二人三脚で練習に励み、高知の競馬界にデビューする。

アイドル的な人気となるが、運営資金を賄うための客寄せパンダで、ほとんど毎週の出走を強いられていた。その後同世代の競走馬達と自分のギャップに苦しんだ文太は、思い切り走りたいとハヤトに訴え怪我と闘いながらの本気で走り始める。

登場作品

ミドリマキバオーらの活躍から10年後。中央競馬(JRA)では、その走りを知る者は少なくなっていた。ミドリマキバオーの血を受け継ぐ文太(出走名・ヒノデマキバオー)は、中央競馬(JRA)デビューを目指して...