文王

文王

太公望伝(漫画)の登場人物。読みは「ぶんおう」。別称、昌。

登場作品
太公望伝(漫画)
正式名称
文王
ふりがな
ぶんおう
別称
別称
西伯
関連商品
Amazon 楽天

概要

商(殷)に従う小国周の大公の息子で次の領主となり、商からも正式に西伯に任じられている。周の勢力が増すと幽閉されたりもしていたが、後に呂尚を取り立てて重用し、やがて周が商(殷)を滅ぼすことになる基礎を作った人物。呂尚が「太公望」と呼ばれるのも、父である大公が望んでいた知恵者だと昌が言ったことによる。

歴史上実在した人物。

登場作品

太公望伝

中国の神話時代から正史の記されるようになる間、遺跡(殷墟)に残る甲骨文等から断片的にその歴史が窺える商の栄えた頃を描いた作品。川で竜を釣ったという伝説で知られる「太公望」を主人公に、当時の中国の様子等... 関連ページ:太公望伝

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
呂 尚
logo