文観

魍魎戦記摩陀羅BASARA(漫画)の登場人物。読みは「ぶんかん」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
魍魎戦記摩陀羅BASARA(漫画)
正式名称
文観
ふりがな
ぶんかん

総合スレッド

文観(魍魎戦記摩陀羅BASARA)の総合スレッド
2016.10.03 20:48

概要

耶倭土朝廷の摂政。帰化人の僧侶。伐叉羅の生まれた13年前、牛頭大帝に取り入り、「神無月の新月の晩に生まれた子が禍いをもたらす」という予言をした。牛頭大帝にダキニ天を降ろす儀式を行う。作中では名前を明言されていないが、容姿などから前世は『魍魎戦記MADARA』に登場した金剛国八大将軍・妖焔候戊倭主であるとされる。

登場作品

耶倭土にある山彦の村で育った少年・伐叉羅は、謎の男・甲賀三郎によって13歳の新月の夜に迎えに行くと予告されていた。そのことを知った村の長老徐福は、伐叉羅に宿る力が甲賀三郎に悪用されることを恐れ、成人の...