文部 瞬

文部 瞬

ブンの青シュン!(漫画)の主人公。読みは「ぶんぶ しゅん」。別称、ブン。

登場作品
ブンの青シュン!(漫画)
正式名称
文部 瞬
ふりがな
ぶんぶ しゅん
別称
ブン
関連商品
Amazon 楽天

概要

物語の開始時点では10歳の少年で、後に作中で中学1年生、中学3年生となる。天真爛漫で常に野球と、野球に必要な筋力トレーニングに明け暮れているが、亡き父・文部文太に対しては真摯でひたむきな感情を抱いている。腕をブンブンと音がするほど振り回してシュンという音と共に投げるピッチングを得意とし、自分の名を名乗る代わりとすることも多い。

氷河勝曰く「100年にひとりの肩」を持ち、一時肩を故障していたが、氷河との練習試合中に復調し、文太ゆずりの「初速よりも終速の方が速い球」を投げるようになる。小学生、中学生と野球を続け、常に明るく振舞っているが、父親と同様の心臓病を持ち、苦しみに耐えながらプレイしている。

恋愛には非常に鈍感だが、幼なじみの市川ひろ子には開けっぴろげな好意を示している。

登場作品

ブンの青シュン!

文部文太と息子のブンは、毎日トレーニングに精を出す野球好き親子。だが己の死期を悟った文太は、王貞治に勝負を挑み、三球三振に取るもその場で絶命する。亡き父の遺志をついで特訓を続けるブンは、天才的中学生ス... 関連ページ:ブンの青シュン!

SHARE
EC
Amazon
logo