斉藤秀一の父

うずまき(漫画)の登場人物。読みは「さいとうしゅういちのちち」。斉藤秀一とは親族関係にある。

  • 斉藤秀一の父
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
うずまき(漫画)
正式名称
斉藤秀一の父
ふりがな
さいとうしゅういちのちち

総合スレッド

斉藤秀一の父(うずまき)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

眼鏡をかけた中年の男性。うずまきに執着するようになる。会社に行かず部屋に閉じこもり、うずまき模様の品を集めている。五島桐絵の父五島泰雄にうずまき模様の皿を依頼する。

登場人物・キャラクター

眼鏡をかけた男子。五島桐絵の元同級生で、現在は隣町の高校に通っている。うずまきに魅入られた父をはじめ、黒渦町に起きた異変をいち早く感じ取り、五島桐絵に町を一緒に出ようと誘う。やがて「うずまき」を恐れる...
五島桐絵の父で陶芸家。トンボ池から採った土で陶器を作るとうずまき模様が浮かび上がり、これを喜んで作陶に没頭するようになる。

登場作品

高校生の五島桐絵と斉藤秀一は、海辺の町黒渦町に住んでいる。斉藤秀一の父は、カタツムリや機械のゼンマイなどうずまき模様に執着するようになる。やがて町には不審な死が増え、遺体を焼いた火葬場の黒い煙はうずま...