斐伊川計画

朝霧の巫女(漫画)に登場する計画。読みは「ひいかわけいかく」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
朝霧の巫女(漫画)
正式名称
斐伊川計画
ふりがな
ひいかわけいかく

総合スレッド

斐伊川計画(朝霧の巫女)の総合スレッド
2016.08.23 17:39

概要

斐伊川の水源とされる船通山をねぐらとしていた八岐大蛇。その残骸の胎内に現世の穢れを集約させ、災厄を溜めて他の世界に流し、現世の厄払いをする算段。この儀式を行うためには、八岐大蛇を呼び寄せる生贄を必要とする非人道的な計画でもある。

登場作品

天津忠尋は、母である天津結実の置き手紙を読み、従妹である稗田柚子ら姉妹が住む広島県三次市に引っ越す。しかしその日から、乱裁道宗による妖怪の襲撃を幾度となく受け、主上と呼ばれる敵の主が、自身の審神者とし...