斑木 ふらん

フランケン・ふらん(漫画)の主人公。読みは「まだらぎ ふらん」。

  • 斑木 ふらん
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
フランケン・ふらん(漫画)
正式名称
斑木 ふらん
ふりがな
まだらぎ ふらん

総合スレッド

斑木 ふらん(フランケン・ふらん)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

高校生位の少女に見えるが、実際の年齢は不明。斑木博士研究所に住み、留守を守っている。一見すると普通の少女だが、実は斑木博士に作られた人造人間。頭に巨大なネジが埋め込まれている、予備の腕が生えている、全身に縫い目が走っている、など人間離れした肉体を持つ。斑木博士の高度な生化学技術を受け継いでおり、死者を生き返らせたり、一人の人間を二人に分裂させたりなど、通常の医学では不可能なことも成し遂げてしまう。

多くの人々を救った斑木博士を敬愛しており、自分もこれに倣おうとするが、ふらんには倫理観と一般常識が欠如。そのため、交通事故に遭って瀕死となった犬の脳を中年男性の身体に移植したり、画家の目に電波が見える視覚を与えて精神異常を引き起こしたりと、問題含みの治療を行う。

研究所を維持する金を稼ぐために法外な料金を取って違法な治療も行うが、情に厚く涙もろいところがあり、経済的に恵まれない相手に対しては格安で施術することも。低血圧患者のように常にフラフラしており間延びした口調で喋るが、いざ手術となるとテンションが上がって活発化。

医師免許を持っていない上、人間のクローン作成をはじめとしたタブーも平気で冒すため、医学界からは白眼視されている。

登場人物・キャラクター

年齢不詳の男性で、本名は斑木直光。人知を超えた生化学技術を有する生物学者である。斑木ふらんやヴェロニカといった人造人間や、ガブリールのような生物兵器、さらには様々な人工生物すら作り出すことが可能。戦争...
成人男性。改造人間で、センチネル一号とも呼ばれる。正体は東堂タケシという選手生命を絶たれた陸上選手で、一度は斑木ふらんの治療で競技復帰するも、悪質な人体改造と見なされて迫害されてしまう。その後、復讐の...

関連キーワード

『フランケン・ふらん』に登場する施設。斑木研究所とも。斑木博士が設立した研究所で、人里離れた深い森の中に存在。斑木ふらん・ヴェロニカらの住居であると同時に、様々な研究開発を行うラボでもあり、さらに患者...

登場作品

斑木ふらんは、斑木博士に作られた人造人間。斑木博士の研究所を悪人達から守りつつ、手術によって人々の悩みを解決しようとする。しかし、彼女は一般常識と倫理観に欠けているため、その患者は悲惨な結末を迎えてし...