斑目 貘

斑目 貘

嘘喰い(漫画)の主人公。読みは「まだらめ ばく」。別称、嘘喰い。

登場作品
嘘喰い(漫画)
正式名称
斑目 貘
ふりがな
まだらめ ばく
別称
嘘喰い
関連商品
Amazon 楽天

概要

銀髪にオールバックの青年。賭博組織倶楽部「賭郎」を介して行われたギャンブルで勝利を重ね続けた伝説のギャンブラー。相手の嘘やブラフ、イカサマを見抜き食らい尽くすことから「嘘喰い」と呼ばれている。かつては賭郎会員であったが、切間創一に「屋形越え」を挑むも敗れ、命の取り立てを課されるが創一の気まぐれで生かされていた。

パチンコ店でスロットの当たりについて教えてくれた梶隆臣に対し、恩返しとして彼の借金の返済を手伝い、その後、行動を共にするようになる。廃坑で創一と再会した際にはミサイルが発射されるか否かを賭けたギャンブルで勝利し、再び賭郎会員となる。また警視庁でのアリバイを賭けた「ラビリンス対決」の際には自らが「屋形越え」に敗れた日のアリバイを選択し、あえて負けることで雪井出薫に命の取り立てを擦り付けた。

帝国タワーでのギャンブルの中で捨隈悟に左目を潰され、以降は眼帯をつけている。運動能力は低く常人以下、また体も弱い。カリカリ梅が好物で、自分の企みが上手くいっている際はカリカリ梅を食べる癖がある。

決め台詞は「あんた嘘つきだね」。

関連人物・キャラクター

夜行妃古一

巻いた眉尻と口髭が特徴的な老紳士。倶楽部「賭郎」の弐號立会人。立ち会いにおいては、基本的には中立の立場だがゲームを楽しむために多少口をはさむ癖がある。立会人としてでなく取立人としても敏腕であり、単身で... 関連ページ:夜行妃古一

関連キーワード

倶楽部「賭郎」

『嘘喰い』に登場する組織。組織の頂点であるお屋形様、101名の立会人とその私兵、その他多数の掃除人や黒服、さらに48名の会員から構成される。会員の希望に応じて立会人を派遣し、ギャンブルを仕切らせ、勝敗... 関連ページ:倶楽部「賭郎」

登場作品

嘘喰い

とあるパチスロ店にて、青年・梶隆臣は、嘘喰いと呼ばれるギャンブラー・斑目貘に出会う。梶はスロットの当たりに気付かず席を立った貘に、当たりが来ていることを教える。貘はスロットの当たりを教えてくれたお礼に... 関連ページ:嘘喰い

SHARE
EC
Amazon
logo