新式鉄砲

黒い風(漫画)に登場する用語。読みは「しんしきてっぽう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
黒い風(漫画)
正式名称
新式鉄砲
ふりがな
しんしきてっぽう

総合スレッド

新式鉄砲(黒い風)の総合スレッド
2016.08.04 14:45

概要

秩父山中で有川八郎が開発した、雨の中でも撃てる連発銃。黒い風黒太夫の命で設計図を受け取りに向かったが、到着時に有川は病死していた。枕元に遺されていた設計図の流出を恐れた黒い風は、製法をすべて記憶して図面を焼却。だが、九度山への帰途に徳川方の忍者に襲われた黒い風は記憶喪失に陥り、その後、黒太夫たちは全滅したため、新式鉄砲が日の目を見ることはなくなった。

登場作品

豊臣方の残党の忍者黒い風は、黒太夫の命で新式鉄砲の設計図をアジトに持ち帰る途中、徳川方の忍者に襲われ記憶喪失となる。山中で暮らすこずえの看病を受けたが、現れた追手を体に染みついた忍術で撃退。さらに近寄...