新谷 貞一

黄昏乙女×アムネジア(漫画)の主人公。読みは「にいや ていいち」。

  • 新谷 貞一
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
黄昏乙女×アムネジア(漫画)
正式名称
新谷 貞一
ふりがな
にいや ていいち

総合スレッド

新谷 貞一(黄昏乙女×アムネジア)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

私立誠教学園中等部1年。怪異調査部部員。幽霊の庚夕子が見えて、触れることができる。怪奇現象や伝承、七不思議などの噂話がとくに多い私立誠教学園の旧校舎を訪れた貞一は、そこで長い髪の美少女と出会う。触れることもできたのでまさかとは思っていたが、その彼女が、さまざまな怪奇現象や七不思議の元ともなった幽霊の夕子だった。

以来、夕子に気に入られた彼は、ほぼ強制的に怪異調査部を作らされ、記憶を失った夕子の過去を調べることになる。また、授業中や書類に目を通すときなどには、眼鏡をかけることがある。

関連キーワード

新谷貞一、庚夕子、小此木ももえ、庚霧江、高松、朝生零子が所属する学校。中等部と高等部がある。もともとこの学校は禁忌の土地に建てられたため、人々は祟りを恐れた。それを鎮めるために、人身御供として1人の女...
『黄昏乙女×アムネジア』に登場する組織。私立誠教学園の旧校舎1階にある、非公認のクラブ。部長は幽霊の庚夕子。部員は、新谷貞一、小此木ももえ、庚霧江。旧校舎の物置のように使われていた部屋を、夕子が自由に...

登場作品

私立誠教学園には古くからさまざまな怪奇現象や、七不思議にまつわる伝承が残されていた。そしてそれらの謎には常に、夕子という幽霊が関わっていた。中等部1年の新谷貞一は、怪奇現象が多いといわれる旧校舎を訪れ...