新道 伐人

新道 伐人

はじめての甲子園(漫画)の登場人物。読みは「しんどう ばっと」。

登場作品
はじめての甲子園(漫画)
正式名称
新道 伐人
ふりがな
しんどう ばっと
関連商品
Amazon 楽天

概要

金髪の男子。初登場時は静岡県にある大東海学園1年生で、野球部に所属している。二屋球人の従兄弟で、小・中学校時代にはピッチャーとして彼とバッテリーを組んでいた。高校入学後にファーストにコンバートされる。純情で素直な二屋球人とは対照的に傲慢で毒舌のため、応援団からも野次が飛ぶほど校内では嫌われている。

甲子園で三元大付属高校との試合では、急遽リリーフとしてピッチャーを務めた。その後、監督の雨四光千鶴によって、ピッチャーとして再教育される。

登場作品

はじめての甲子園

二屋球人は土井中野高校野球部のキャプテン。しかしこの学校は校長、教師、生徒各1人で練習もままならない。思い余って転校を決意するが、校長から全国の才能ある野球少年をスカウトし、甲子園を目指すプランを聞か... 関連ページ:はじめての甲子園

SHARE
EC
Amazon
logo