於虹

於虹

渕となりぬ(漫画)の登場人物。読みは「おこう」。三枝豊前とは親族関係にある。

登場作品
渕となりぬ(漫画)
正式名称
於虹
ふりがな
おこう
関連商品
Amazon 楽天

概要

三枝豊前の妻で、春栄三枝羽角、秋栄、冬栄の母。すずなと同じ一族で、すずなからは「於虹さまも少し力があった」と言われている。幼い頃に三枝羽角は母の背後に白い大蛇の姿を見たことがあり、そのためすずなの姿を見ても怖がらない。

関連人物・キャラクター

三枝豊前

三枝座の大夫で、春栄、三枝羽角、秋栄、冬栄の父。派手さは無いが、名手とうたわれる能楽師。三枝羽角の才能を認め、落ちぶれていた一座をもりたてるため、三枝羽角に賭ける。 関連ページ:三枝豊前

登場作品

渕となりぬ

室町時代末期、三枝座の大夫の次男三枝羽角は、白楊座との立合能を経験し、伝統だけではなく創作能の実現に心思いを馳せる。父の後妻の連れ子乙輪の舞に天賦の才を感じ、伝統能に優れた白楊座に預けるが、乙輪を失い... 関連ページ:渕となりぬ

SHARE
EC
Amazon
logo