日の本 太郎

日の本 太郎

毒虫小僧(漫画)の登場人物。読みは「ひのもと たろう」。日の本三平とは親族関係にある。

登場作品
毒虫小僧(漫画)
正式名称
日の本 太郎
ふりがな
ひのもと たろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

日の本三平の父親。サラリーマン。庭付きの一軒家に妻と3人の子供と暮らしていた。動物を愛する日の本三平のやさしさを知っているが、それだけでは世の中を渡っていけないとして叱責する。部長昇進のチャンスを控えて会社の重役が家を訪れることになり、世間体のため毒虫小僧となった日の本三平を葬ろうとした。

家では和服で過ごし、猟銃を所持している。後に毒虫小僧となった日の本三平が快楽殺人を重ねていることを知り、改めて家族の手で殺そうと決意。

関連人物・キャラクター

日の本三平

新町小学校5年1組の小学生。小動物を愛する心やさしい一面を持つが、教室にイモ虫やヘビを持ち込むなどして気味悪がられる。成績はオール1、逆上がりもできない運動音痴。学校の行き帰りに3人組のいじめっ子にい... 関連ページ:日の本三平

登場作品

毒虫小僧

醜い風貌の小学5年生・日の本三平は学校にも家庭にも居場所がなく、秘密の隠れ家に入り浸る。春休みのある日、日の本三平は激しい吐き気に襲われて口から赤い毒虫を吐き出す。その毒針に指を刺されて全身が溶ける奇... 関連ページ:毒虫小僧

SHARE
EC
Amazon
logo