日下 弦之介

日下 弦之介

影狩り(漫画)の登場人物。読みは「くさか げんのすけ」。別称、月光。

登場作品
影狩り(漫画)
正式名称
日下 弦之介
ふりがな
くさか げんのすけ
別称
月光
関連商品
Amazon 楽天

概要

影狩り三人衆のサブリーダー的役割。痩せ型の体格で、細面。顔の右目のあたりに大きな火傷の痕がある。口数は少なく、常に冷静。しかし、振るう剣は「妖剣」と呼ばれるほど強く、伯耆流抜刀術の達人。室戸十兵衛の、よき将棋相手。賭場の用心棒をやっているときに日光との二度目の遭遇があり、廃藩浪人の悲しさを共有して日光に共感し、自分は月光と名乗ることにする。

二人はその後、お庭番の関係する事件に巻き込まれ、十兵衛と初めて出会う。そののち、絡みの誘拐事件で三人のチーム編成が完成する。もとは今津藩の藩士だったが、家老の汚職を記した帳簿の奪い合いに巻き込まれ、妻子を殺され家を焼かれ(火傷はその時のもの)、浪人となる。

結局、汚職はによって幕府の知るところとなり、今津藩は取潰しとなった。

関連人物・キャラクター

室戸十兵衛

影狩り三人衆のリーダー格の中年男。鋭い眼差しで、もみ上げまでつながる顎ひげと口ひげを生やしており、服装はたいてい黒い着物に真っ黒な合羽を羽織っている。神道無念流皆伝で、いかなる状況でも動ぜずに敵を倒す... 関連ページ:室戸十兵衛

登場作品

影狩り

江戸時代、財政危機に陥った徳川幕府は、諸大名の取潰しによる領地没収で状況の打開をはかる。取潰しの理由を探したり捏造するために、幕府は影と呼ばれる隠密や忍者を密かに諸藩へ送り込んだ。影の暗躍から自藩を守... 関連ページ:影狩り

SHARE
EC
Amazon
logo