日向 小次郎

日向 小次郎

キャプテン翼 ワールドユース編(漫画)の登場人物。読みは「ひゅうがこじろう」。

登場作品
キャプテン翼 ワールドユース編(漫画)
正式名称
日向 小次郎
ふりがな
ひゅうがこじろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

岬太郎と共に、日本ジュニアユース代表の顔的存在となり、高校卒業後は代表戦に集中するべ進学もプロ入りも断った。合宿所追放後は、沖縄で山籠もりを行い、雷獣シュートを習得。再びチームに合流する。一時は母親の入院・治療費のためプロ入りを決意するが、その際は、黄金世代で唯一プロ入りしていた若島津健に助けられる。

そして、ジュニアユースに加わるきっかけを探していた若島津健をジュニアユースに連れて戻るのだった。

関連人物・キャラクター

岬 太郎

日向小次郎と共に、日本ジュニアユース代表の顔的存在となり、高校卒業後は代表戦に集中するべく進学もプロ入りも断った。しかし、ジュニアユース合宿でリアル・ジャパン・7に敗北し合宿所を去ると、これまで父と共... 関連ページ:岬 太郎

関連キーワード

雷獣シュート

『キャプテン翼 ワールドユース編』に登場する必殺シュート。使用者は日向小次郎で、タイガーショットを超える力を持つシュートとして編み出した。しかしこのシュートは地面に足を引っ掛けて打つため、空中では使えない弱点を持つ。このため、チームメイトの足の裏を利用して放つなど、工夫がなされている。

登場作品

キャプテン翼 ワールドユース編

スポーツ青春物語『キャプテン翼』の後日談シリーズ。イタリアで修行する葵新伍、ブラジルで戦う主人公大空翼、そしてふたりがメンバーとして加わる全日本ユースの戦いを描く。 関連ページ:キャプテン翼 ワールドユース編

SHARE
EC
Amazon
logo