• 殺し屋さん (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 日常で殺されている人

日常で殺されている人

日常で殺されている人

殺し屋さん(漫画)に出てくる出来事。読みは「にちじょうでころされているひと」。

登場作品
殺し屋さん(漫画)
正式名称
日常で殺されている人
ふりがな
にちじょうでころされているひと
関連商品
Amazon 楽天

概要

各話の冒頭1コマ漫画で、「段差殺し(バリアフリー)」、「拭き残し殺し(ウォシュレット)」、「待機電力殺し&漏電火災殺し(コンセント抜き)」、「カルキ殺し(水道水のカルキ抜き)」など、生活の不便を色々と殺されているいうか、改善されている人。本人の知らないところで殺されているので、やったのはおそらく殺し屋さんと思われる。

登場作品

殺し屋さん

本名佐々木竜一こと殺し屋さんは、依頼されたターゲットは必ず殺す、自称日本一の殺し屋。しかもそのターゲットの人の命だけでなく、夏休みの宿題や主婦の家内労働までというターゲットの広さ。押しかけ弟子の少年や... 関連ページ:殺し屋さん

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
殺し屋さん
logo