日本大震災

日本大震災

太陽の黙示録(漫画)で起きた出来事。読みは「にほんだいしんさい」。

登場作品
太陽の黙示録(漫画)
正式名称
日本大震災
ふりがな
にほんだいしんさい
関連商品
Amazon 楽天

概要

2002年8月10日に京浜地域と東海地方で大地震が起こり、連動して富士山から伊豆諸島にかけての火山が噴火。さらに5日後、東南海地震・南海大地震が同時発生し、富山湾から大阪湾にかけての地割れにより、「日本海峡」と呼ばれる海で本州が2つに分断された。これらの地震と津波により、東京と京阪神の主要都市は水没。

東海、紀伊半島、四国、九州南部も大部分が水没している。被害者は死亡者2000万人、行方不明者4000万人に及んだ。

登場作品

太陽の黙示録

2002年、日本大震災によって日本は、本州が東西に分断されてしまう。少年柳舷一郎は出会った大人、坂巻五郎と協力して避難の旅に出る。そして15年後、記憶を失い台湾で暮らしていた舷一郎は、現地で日本人と台... 関連ページ:太陽の黙示録

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
太陽の黙示録
logo