日比野 聖子

この女に賭けろ(漫画)の登場人物。読みは「ひびの せいこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
この女に賭けろ(漫画)
正式名称
日比野 聖子
ふりがな
ひびの せいこ

総合スレッド

日比野 聖子(この女に賭けろ)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

よつば銀行の女性総合職として1988年に入行した。1989年、女性総合職初の社費留学により、ハーバード大ビジネススクールMBAを取得する。ニューヨーク支店、本店・市場企画部を経て、1994年に副主事昇格と同時に業務開発部へ異動。翌年、原島浩美が業務開発部に配属され、ともに湾岸新都心開発、マンモス安全信用組合の不良債権処理などに携わる。

父親は大蔵官僚を経てのアメリカ公使で、政財界のコネクションも豊富。強烈なエリート意識を持ち、原島にもライバル心を燃やす。後に支店統括部副部長の辞令を受けるが、退社してイギリス系銀行に移り、香港を拠点に中国ビジネスに乗り出した。

登場作品

バブル崩壊と不良債権問題を経て、金融再編が囁かれ始めた1990年代。大手都市銀行・よつば銀行の女性総合職一期生・原島浩美は、副主事昇進と同時に本店から台東支店への異動を命じられる。台東支店は出張所への...