日野 俊基

日野 俊基

私本太平記(漫画)の登場人物。読みは「ひの としもと」。

登場作品
私本太平記(漫画)
正式名称
日野 俊基
ふりがな
ひの としもと
関連商品
Amazon 楽天

概要

実在の歴史上の人物日野俊基がモデル。後醍醐天皇の側近中の側近で鎌倉幕府討幕の中心的人物。正中の変の後、日野資朝と共に鎌倉幕府に差し出されるが釈放された。しかし討幕への動きは止めず、再び捕縛された際足利高氏(後の足利尊氏)の面会を受ける。楠木正成への書状を託す。

妻の小右京は、その後、足利尊氏と佐々木高氏(佐々木道誉)の対立の種となる。

登場作品

私本太平記

元亨2年(1322)年。時の鎌倉幕府執権・北条高時は暗愚と言われたが、とりあえず天下は泰平だった。しかし京では後醍醐天皇一派が実権を武士から奪い戻そうと蠢きはじめていた。足利家の嫡男・高氏(後の足利尊... 関連ページ:私本太平記

SHARE
EC
Amazon
logo