日野 日出志

日野 日出志

地獄の子守唄(漫画)の主人公。読みは「ひの ひでし」。

登場作品
地獄の子守唄(漫画)
正式名称
日野 日出志
ふりがな
ひの ひでし
関連商品
Amazon 楽天

概要

物語の語り手。怪奇と恐怖に取り憑かれた漫画家。工場と煙突に囲まれた崩れそうな家の2階にいる。部屋は猟奇的な本、赤ん坊のミイラや動物の臓物などのコレクションであふれる。恐ろしい発作を起こしては自分の指や耳を切り落としているという。子供時代は病弱で陰気ないじめられっ子。犬や猫を殺して内臓をコレクションするなど猟奇趣味に耽り、殺人願望に取り憑かれる。

精神を病んだが歌う地獄の子守唄を聞き覚え、地獄の空想にのめり込んだ。やがて恨んだ相手を呪い殺すすべを身につける。

関連人物・キャラクター

漫画編集者

日野日出志の漫画をコケにして彼に恨みを買い、呪いでロードローラーに轢き潰される。

登場作品

地獄の子守唄

漫画家・日野日出志を名乗る主人公が猟奇的で奇怪な自分の半生を物語り、結末で読者に呪いの言葉を残す。 関連ページ:地獄の子守唄

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
その他キーワード
logo