日食

日食

シリウスの伝説(アニメ映画)に登場する天体現象。読みは「にっしょく」。

登場作品
シリウスの伝説(アニメ映画)
正式名称
日食
ふりがな
にっしょく
関連商品
Amazon 楽天

概要

地球から見て、太陽が月の影に位置し、暗くなる。この世界では九十年毎に起こり、その時ととの間にあるメビウスの丘に咲くクライン草から放たれる胞子に乗って、火と水がともに生きられる星へ行く事が出来るという伝承を、海の長老である大海亀モワルシリウスマルタに話した。

関連人物・キャラクター

シリウス

水の一族の王グラウコスから、次の王に指名された、水の精霊の少年。好奇心旺盛で、いつも一本角の水の精霊チークと共に海の中で遊んでいる。その好奇心から、水の一族 が近づいてはならないリリカの岬へ行くが、火... 関連ページ:シリウス

マルタ

火の一族の女王テミスの娘で、その後継者。母や自分が暮らす火の宮殿に水の一族を近づけないようにするため、その近くにあるリリカの岬にかがり火を絶やさずに灯す役目を負っている。 偶然、リリカの岬に現れたシリ... 関連ページ:マルタ

モワル

海の世界の長老である大海亀。世界のあらゆる事に通じた賢者でもあり、一族の掟を破って、マルタと恋に落ちたシリウスに、九十年に一度の日食の日にメビウスの丘に咲く、クライン草の胞子に乗って、火と水がともに生... 関連ページ:モワル

関連キーワード

クライン草

『シリウスの伝説』に登場する植物。水の城と火の宮殿との間にあるメビウスの丘に咲く巨大な花。九十年に一度の日食の日、天に向かって放つ胞子に乗れば、火と水がともに生きられる星へ行く事が出来る。 関連ページ:クライン草

火と水がともに生きられる星

メビウスの丘

『シリウスの伝説』に登場する丘。水の城と火の宮殿との間にあり、そこに生えている巨大な花クライン草が九十年に一度の日食の日に放つ胞子が火と水がともに生きられる星へ行く事が出来る。 シリウスとマルタは日食... 関連ページ:メビウスの丘

登場作品

シリウスの伝説

遥か昔、世界には二つの精霊である火の一族と水の一族がいた。しかし、陸を支配する火の女王テミスと海を支配する水の王グラウコスとは激しく反目し合い、その一族達は互いに接触することも無かった。 ある日、水の... 関連ページ:シリウスの伝説

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
関連キーワード
登場作品
logo