早川 みどり

早川 みどり

アタックNo.1(漫画)の登場人物。読みは「はやかわ みどり」。

登場作品
アタックNo.1(漫画)
正式名称
早川 みどり
ふりがな
はやかわ みどり
関連商品
Amazon 楽天

概要

小学校高学年時までは富士見が浜で育つが、父親の会社が支社を出すため、千葉に移転している。3年後の中学2年生のときに富士見学園に転校してきた資産家のお嬢様。「母が欲しくなる」発言していることから、母を亡くしていると思われる。金髪のロングヘアーで、前髪をカチューシャで上げて留めている。

転校当時は鮎原こずえに対してキャプテンの座を巡り敵意を持っていたが、試合を通じてチームプレイの大切さを学んで親友となる。その際、陰湿な嫌がらせを反省、過去を悔いて頬を差し出し、こずえに思いっきりぶたれた。こずえと同じアタッカーだが、回転レシーブも得意なオールラウンダー。

魔球サーブ、「木の葉落とし」を使う。サッカー部の三田村と交際中。

関連人物・キャラクター

鮎原 こずえ

腸が弱く、リンパ腺が腫れる病気で、東京の両親の元から叔父、叔母のいる静岡県富士見市富士見が浜にある富士見学園に転校してきた(当時中学2年生)。後日、両親も富士見が浜に越してきている。転校当初はスポーツ... 関連ページ:鮎原 こずえ

関連キーワード

木の葉おとし

『アタックNo.1』に登場する技。ボールを打つとき、先端を手前に強く回転しながら打つ。早川みどりの必殺技だが、元々は泉ゆりが使っていたもの。鮎原こずえと早川は大学生との合宿で名前を知り、打ち方を練習した。

登場作品

アタックNo.1

病気療養のために転校してきた主人公の少女、鮎原こずえは、バレーボールで健康を取り戻し、日本を代表するプレーヤーになる。こずえがバレーボールを通して成長していく姿を描く。 関連ページ:アタックNo.1

SHARE
EC
Amazon
logo