明大遠征隊

明大遠征隊

登場作品
蒼き氷河の果てに… ―植村直己物語―(漫画)
正式名称
明大遠征隊
ふりがな
めいだいえんせいたい
関連商品
Amazon 楽天

概要

1965年にヒマラヤの未踏峰ゴジュンバ・カンに登頂するため、明治大学山岳部出身者により組まれた遠征隊。隊長は高橋。メンバーはほとんど社会人で、遠征費用は隊員たち個人で負担していた。ゴジュンバ・カンの登頂は事前の予想より厳しく、途中でケガ人が出たりするなど難航を極めたが、隊員だった植村直己により初登頂を果たし、快挙を成し遂げた。

登場作品

蒼き氷河の果てに… ―植村直己物語―

世界的冒険家の植村直己が1960年に明治大学山岳部へ入部してから1984年冬にマッキンリーで消息を絶つまでを描いた人物伝。特に1965年のヒマラヤ未踏峰初登頂について詳しく描かれている。 関連ページ:蒼き氷河の果てに… ―植村直己物語―

SHARE
EC
Amazon
logo