明石の上

明石の上

あさきゆめみし(漫画)の登場人物。読みは「あかしのみや」。別称、明石の御上。

登場作品
あさきゆめみし(漫画)
正式名称
明石の上
ふりがな
あかしのみや
別称
明石の御上
関連商品
Amazon 楽天

概要

光源氏が謀反の疑いを受けて都を追われていた間に明石で出会った。紫の上より1歳年下。当時、田舎とされていた明石で育ち、身分は低いが、父・明石の入道の手ほどきもあり、高い教養を身につけている。父親が自分を光源氏と結婚させようとしていることを、身分の違いや行きずりの相手となる不安から拒んでいた。

しかし光源氏と結ばれた後、身ごもり、光源氏の帰京後、後の明石の中宮となる娘を産む。それを知った光源氏に娘を都で養育することを提案され、幼い娘を紫の上に預ける。後年、娘の入内に伴い女房として入内し、娘に実母であることを明かす。自分の身分が低いことに引け目を感じており、常に控えめ。

しかし光源氏からは紫の上とも引けを取らない女性として扱われ、紫の上からも良き友、良きライバルとして迎えられている。

関連人物・キャラクター

光源氏

桐壺帝の第二皇子。母は桐壺更衣。幼少の頃から輝くばかりの美貌と才能に恵まれ、「光る君(ひかるきみ)」と綽名される。母は三歳のとき亡くなる。母に似る女性・藤壺への思慕が初恋となり、その面影を求めて生涯様... 関連ページ:光源氏

登場作品

あさきゆめみし

平安時代、桐壺帝の第二皇子で絶世の美男子である光源氏が、理想の女性を求め様々な女性と関わりを持ちながら、栄華を極めていく。序盤から中盤にかけては、主に光源氏の恋愛遍歴が描かれるが、中盤以降は光源氏の人... 関連ページ:あさきゆめみし

SHARE
EC
Amazon
logo