明神 弥彦

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(テレビアニメ)の登場人物。読みは「みょうじん やひこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(テレビアニメ)
正式名称
明神 弥彦
ふりがな
みょうじん やひこ

総合スレッド

明神 弥彦(るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

10歳の孤児。下級武士の子だが明治維新のおり父が戦死、母も病死。悪い大人に使われスリを働いていたが、剣心と出会い更正の機会を得る。神谷活心流に入門し、剣心の戦いを間近で見守って技と心を学び、少年剣士として成長する。

プライドが高く大人からは生意気だと言われがちだが、それは己より強い者とも戦う勇気のあらわれでもある。

登場人物・キャラクター

古流剣術・飛天御剣流の使い手。長州派の維新志士として暗殺役をつとめ、幕末最強とまでいわれた剣客。明治時代に入ると罪を悔やんで不殺を誓い、一介のるろうに、すなわち流浪人を名乗っている。 赤い髪と頬の十字...

関連キーワード

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』に登場する剣術。人を殺めず生かしたまま戦いを制する主義を追求しており、柔術の技も含む。剣心はこれを甘い戯言と評しながらも平和な時代に守るべき価値観とみなして希望を託...

登場作品

幕末、数々の暗殺で幕府方に恐れられた維新志士、人斬り抜刀斎。その伝説的剣客・緋村剣心は明治を迎えた平和な世に決して再び人を殺めないことを誓い、罪を償うべく流浪していた。 旅の途上、少女剣士・神谷薫の道...