星 一徹

巨人の星 行け行け飛雄馬(アニメ映画)の登場人物。読みは「ほし いってつ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
巨人の星 行け行け飛雄馬(アニメ映画)
正式名称
星 一徹
ふりがな
ほし いってつ

総合スレッド

星 一徹(巨人の星 行け行け飛雄馬)の総合スレッド
2016.03.22 15:53

概要

読売ジャイアンツに所属する名三塁手であったが、その実力が評価される前に、徴兵を受けて太平洋戦争へ出征。戦場で肩を負傷し、かつての送球能力を失ってしまう。遅くなった送球を補うため、魔送球を編み出すが、その反則ぎりぎりのプレイを川上哲治に否定され、自身もその過ちに気づき、球界を去る。

その後は日雇いの肉体労働者となって家族を養うが、野球への未練は断ち切れず、息子の飛雄馬に自分の夢を託し、常軌を逸した特訓を強いる。

飛雄馬が野球の楽しさに目覚め、ジャイアンツ入団を決意すると、指さした宵の明星を「巨人の星」と呼び、息子がジャイアンツの象徴的なスター選手になるよう励ます。飛雄馬の青雲高校進学後は伴大造に請われて野球部のコーチとなり、息子たちを指導する。

登場作品

父・星一徹により、幼少期より野球の特訓を受けて育った星飛雄馬は、苦難の末に読売ジャイアンツに入団。多くのライバルと切磋琢磨し、ときには一徹から課された非情な試練に立ち向かい、飛雄馬はジャイアンツの象徴...