星宿

ふしぎ遊戯(漫画)の登場人物。読みは「ほとほり」。別称、彩賁帝。心宿とはライバル関係。

  • 星宿
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ふしぎ遊戯(漫画)
正式名称
星宿
ふりがな
ほとほり
別称
彩賁帝

総合スレッド

星宿(ふしぎ遊戯)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

四神天地書」の世界の住人で、紅南国第4代皇帝・彩賁帝。かつ朱雀七星士の1人でもある。首に「星」の字を持つ。18歳、身長182cm。穏やかで平和的な性格。女性のような美貌に自信を持つナルシストの一面も。星宿も朱雀の巫女に思いを寄せており、夕城美朱に愛を告白する。

だが鬼宿を選んだ美朱を尊重し、素直に身を引いた。皇帝の執務のため神座宝探しには同行せず、その間に柳宿とそっくりな妃・鳳綺を娶る。鳳綺は皇太子・芒辰を身ごもるが、星宿は誕生を見ることなく心宿との戦いに倒れた。その後は精神だけの存在となって登場する。

登場人物・キャラクター

都立第三中学校3年生。1977年5月12日生で、身長158cm。両親は離婚しており、母親と大学生の兄・夕城奎介と3人暮らしをしている。料理下手だが大食いで、天真爛漫かつおおらかな性格。ただし当初は高校...
「四神天地書」の世界の住人で、青龍七星士の1人。紅南国の隣国・倶東国で将領として兵力の3分の2を掌握する。15歳、身長193cm。金髪碧眼の濱族の出身。濱族は魔王を崇める呪われた一族と呼ばれる。心宿は...

登場作品

夕城美朱と本郷唯は、高校受験を控えた中学3年生。2人は図書館で偶然手にした古書・「四神天地書」のなかに吸い込まれてしまう。そこは青龍、朱雀、玄武、白虎の四神を祀る4つの国が治める世界。異世界から来た少...