星野 清吉

イキにやろうぜイキによ(漫画)の登場人物。読みは「ほしの せいきち」。別称、清さん。星野峻平とは親族関係にある。

  • 星野 清吉
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
イキにやろうぜイキによ(漫画)
正式名称
星野 清吉
ふりがな
ほしの せいきち
別称
清さん

総合スレッド

星野 清吉(イキにやろうぜイキによ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

星野峻平の父。魚屋としては近所でも評判。妻は華族の出で、寿司屋の見習い時代の得意先の娘。駆け落ちをしたが連れ戻され、離婚されたらしい。峻平は五男で、長男の平助、次男の順は勘当した。三男の健はオーストラリア在住。四男の良一は大学生。思い込みが激しく「早とちりの清さん」として知られる。

苫子の母にも、ちょっと笑顔を向けられただけで惚れられたと勘違い、その後振られたと思い込んでいる。そのため、ぎっくり腰で寝込んだ際に、手伝いに来た苫子峻平の結婚相手だと思い込み、冷たくあたっていた。

登場人物・キャラクター

小柄なかわいい顔をした男の子。都立扶桑高校の2年生として登場。弱小ボクシング部所属。家は魚屋の魚清で、跡を継ぐつもりでいる。落合苫子の家は近所で、配達などで行き来する範囲。練習試合で鎌仲克己に敗れてボ...

関連キーワード

稲瀬二丁目にある星野峻平の家。近所でもいい魚を仕入れていると評判。落合苫子の父も魚清の魚でないとダメだというほど。もっとも経営は苦しく、借金も抱えていた。星野清吉の喧嘩っ早い性格のため、長男と次男は勘...

登場作品

落合苫子は扶桑高校のアイドル。様々な伝説を持つ彼女は、ボクシング部の星野峻平に一目惚れする。目立たない存在の峻平にぞっこん惚れこんだ苫子の、下町を舞台にした健気で本気の恋物語。